« 小学校の運動会 | トップページ | たかの耳栓 »

2009年5月30日 (土)

科学と学習

親世代ではほとんどの子どもが毎月とっていた「科学」と「学習」。
母も科学の付録が大好きでした。

先日ふと思いついて調べたところ、今でも販売されていることがわかり、試しに1月分購入してみました。

家に届いた途端、付録を巡ってあきとたかが取り合いをして大騒ぎ。
学習の付録はどう考えてもおもちゃ。
しかも、以前の物と比べて暈がはる付録なので、これが毎月来たら置き場所に困りそうです。

たかが保育園に行った後、わずかな時間であきと一緒に科学の付録の手形を作りました。
出勤前の慌ただしい時間に、ばたばたとやったにもかかわらず、とても綺麗なかわいい手形が取れたのであきも大喜び。
完全に乾いたらあきの部屋に飾ろうと思っています。

科学と学習が以前とは随分様変わりしていたので、職場の同僚にその話をしたところ、科学と学習はとっておらず、こどもちゃれんじをやっていたとのこと。
しかも、付録がおもちゃみたいなので、その後Z会に変えたとか…。

我が家は子ども達にかなりストイックな生活をさせているので、息抜きとして科学と学習は買ってあげてもいいかなと思っていましたが、小学生で通信教育や塾の話が出るとにわかに不安になります。
母親自身が高校受験までほとんど勉強をしなかったので、小学生ぐらいは勉強より遊び中心で過ごさせたいと思っているのですが…。
この考え方は現代にはそぐわないのでしょうか?

それでも当面は、宿題を確実にやる、漢字は書けなくても読めれば良い、さんすうとこくごは学校の授業レベルを理解できていればよい、という必要最低限のことが身に付けられたらいいと思っています。

幸いあきは母譲りなのか保育園の時から大の本好きで、最近は4コママンガと見出しだけですが新聞も読む(見る?)ようになったので、目が悪くならないよう注意しながら、活字好きなところが伸びていけばいいなぁと思っています。

|

« 小学校の運動会 | トップページ | たかの耳栓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校の運動会 | トップページ | たかの耳栓 »